坐骨神経痛

  • 靴を履こうとすると、おしりに電撃痛が走る。
  • おしりから、ひざの後ろ側まで痛い。
  • すねの外側が引きつれるように痛む。
  • 痛み止めの薬を飲んでも、痛みがおさまらない。
  • 病院で手術を勧められている。

もしあなたがこのような坐骨神経痛でお悩みでしたら、一度当院にご相談ください。

くさの針灸整体院にはこのような症状をお持ちでお困りの患者様が多くいらっしゃっており、きっとあなたのお役に立てます。

私も腰椎椎間板ヘルニアを患い、辛い坐骨神経痛を経験しました。

分かります。その痛み。

私も過去に坐骨神経痛を患い、レントゲンやMRI検査をして、腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。

硬膜外ブロック注射も3度ほどやりました。

痛み止めはだんだん効かなくなり、夜も眠れないほどの辛い経験をしました。

真剣に手術をしようか悩んだこともあります。

ただ、その痛みはずっとは続きませんので安心してください。

患者様の生活状況によっては、なかなか治らないケースもありますが、痛いのには必ず原因があります。

まずは、しっかりと身体と向き合い、原因を探していきましょう。

適切な施術と生活習慣の改善で、その辛い痛みとさよならして、やりたいことが出来る身体を取り戻しましょう。

くさの針灸整体院の施術

くさの針灸整体院では、患者様の状態に合わせて、長野式鍼灸による全身調整、内臓整体、頭の骨の調整、松栄セラピー、その他骨盤矯正や骨格矯正を組み合わせて行います。

鍼の太さや長さ、刺激の入れ方、使うツボの数もすべてひとりひとりにオーダーメイド、ソフトな刺激で痛みのストレスなく施術を受けられます。

筋・骨格の問題から、内臓の不調、自律神経バランスの崩れ、不定愁訴など、様々な問題に対応致します。

頭蓋調整:頭の骨は15種類22個の骨から構成され、縫合という継ぎ目で連結されています。

頭は膨らんだり縮んだりして、脳の周りにある脳脊髄液という液体を循環させています。

頭がカチカチに固くなると、脳脊髄液の循環が悪くなり、様々な不調を出します。

内臓整体:臓器がある場所に手を当てて、機能面と構造面の問題を解決します。

血液循環が良くなると硬さや重さが取れ、正しい位置にもどると働きが改善します。

灸頭鍼:鍼の上にもぐさを丸めて火をつけます。

鍼とお灸の相乗効果で身体の芯からポカポカになります。

メディア掲載

カンパニータンクという雑誌の取材を受けました。

躍進企業応援マガジンだそうです。

インタビュアーはタレントの矢部美穂さん。

私の熱い想いを語らせて頂きました。